marchhatのジャンプレビュー・感想

基本ネタバレ有、フラゲで更新します。

週刊少年ジャンプレビュー 32号

BORUTO

・ゆらぎ荘の幽奈さん

ニセコイ

 

BLEACH

ONEPIECEもないHUNTERもない。

BORUTOは隔月、もうすぐ終わるBLEACH

ジャンプの新しい時代はすぐそこに。

 ・BORUTO
今週は月一連載のBORUTOの掲載週です。
まぁぶっちゃけた話このBORUTOは映画版のストーリーを
漫画に起こしているだけなので、ストーリーに関してはすべて知っているので、
展開に胸を躍らせるとかそういう読み方じゃなくて、
このコマので見せる角度が岸本先生っぽい!すげえ!とか
ここ作画崩壊してねえか?等身おかしくねえかとか?
そういう見方をしながら読んでおります。
映画を見ていない人にとっては、子供世代の活躍や、
大人になってからの木の葉の里の人達の成長は楽しいかもしれませんね。
実際上映時にも話題になりましたが、この映画は初期からファンには
結構嬉しいサービスが盛り込まれています。
恐らく岸本先生のファンサービスですが、
映画館での興奮具合ははっきり覚えています。
BORUTOの続きが気になる人は、映画版を先に見た方がいいでしょう。
まだ前半ですが、映画は絶対に楽しめると思います。
全然関係ないですが、NARUTOキャラで一番好きなのは
デイダラで、ベストバウトはデイダラVSサスケです。

・ゆらぎ荘の幽奈さん
なんかセンターからがやたらと多い気がしますが、
そのカラーのクオリティの高さに、ビビります。
恋染紅葉時代から女の子のかわいさクオリティは高かったのですが、
更に磨きがかかっていますよね。
一度バトル漫画に移行しかけましたが、敵キャラを懐柔し
再びラブコメ路線に戻せるということを証明していますが、
ストーリーの幅は増えるし、女の子は無限にだせるしで、
あるいみ学園ラブコメとは一線を画して、やりたいようにできるのも強み。
今のジャンプはラブコメ黄金時代とか皮肉っぽく言われていますが、
息の長い作品になるんじゃないでしょうか。そんな気がします。

ニセコイ
そしてこちらは、ついにドベに陥落してしまいました。
今まで何回も終了するタイミングがあったのに、
すべての女の子と伏線回収するためだけに引き伸ばされた結果
ようやく今週、メインヒロインのうちの一人あの小野寺さんが
なんの妨害もなく主人公に告白することができました。
が、しかしなんかとっても薄っぺらいです。
主人公に対して全く感情移入できてないので、
ブコメの最終回になってもおかしくない程のシーンである
メインヒロインの告白(しかも前から両想いの)でこの感じは戦慄すら覚える。
楽もなんか泣き始めちゃったので、本当にどうすんだよ…。
ニセコイが本当の恋だとかいって本当の気持ちに今気づいたってやつか、
どっちも選べない…とかいって終わるパターンか。
逆にここで小野寺さんとあいのりよろしくご帰国されたら?と思ってしまいます。
いずれにせよ、来週何だかんだ言い分けつけて千棘のとこに行くとは思いますが、
何やっても共感できないのは正直致命的だと思います。

BLEACH
未来を書き換える力が出てきた時から、
過去を改変する力が絶対登場すると思ってました。
月島さんの登場から刀の復元までの
セリフ、表情、雰囲気、すべてがオシャレすぎる。
少し前に見開きで『天鎖斬月』!!!!で読者をざわつかせてくれましたが、
今週は個人的にあの時よりも良い!と感じます。
まもなく連載終了ということで、佳境ですが、
最後まで楽しませてくれる確かな余韻を感じました。